レムリアンシード

レムリアン・アクアティン・カルサイト

TOP > レムリアン・アクアティン・カルサイト レムリアン・アクアティン・カルサイト

レムリアンアクアティンカルサイト(Lemurian Aquatine Calcite)は、2009年に、Heaven and Earth社のロバート・シモンズによって名付けられました。

古代レムリアとの繋がりをサポートし、レムリアの水との共鳴をサポートしてくると言われています。

レムリアン・アクアティンカルサイトは、アルゼンチン産で、淡い青色をしています。

カルサイト(方解石)の中でも、アルゼンチン産のブルーカルサイトだけが、レムリアンアクアティンカルサイトと呼ばれています。

レムリアン・アクアティンカルサイトは、潜在意識の開花や、イルカやクジラとの繋がりをサポートしてくれると言われています。

カルサイト(方解石)には、様々な色があり、炭酸カルシウムを主成分とする鉱物で、肉体・精神・魂のバランスを調節してくれ、古来から治療薬としても使われきたようです。

特に、ブルーカルサイトはリラックス効果があり、ネガティブな感情を解き放つことを促してくれます。